人の一生のお祝い祈願

ミニだいこくさま

人の一生のお祝い祈願

帯祝から喜寿・米寿のお祝いなど

帯祝から喜寿・米寿のお祝いなど

 人の一生はその折目折目に人生儀礼が行われ、出産前の帯祝から始まって、喜寿・米寿のお祝いなどを経て葬祭に至ります。

帯祝・出産・命名

 懐妊を奉告し、安産祈願をします。
 懐妊五ヶ月の戌の日を選んで、里から「寿」「祈願」の文字を入れた紅白の布を贈り妊婦に着せるもので、着帯(岩田帯)ともいわれます。

 その歴史は、平安時代からといわれています。
 これは腹部を保温し、胎児の転位を防ぎ、妊婦の動作を軽快にする合理性を有します。

初宮参り

 神さまの御魂(心)を賜って、無事誕生いたしました。

 これより神さまの子として共同社会の一員となり、男の子は三十一日目、女の子は三十三日目以降に、初めてお参りします。
 赤子を祖母あるいは生母が抱いて、服装には余りこだわらず、何よりも子どもの生育と健康を祈ろうという心でお祈りしていただくことが大切です。

お喰初め

 生後百日目に初めて本膳(一汁三菜)を食べさせる儀式で、「その子が一生食べ物に困らないように」という親の願いが込められています。
 この時に「歯固め」として小石を添え、お膳は神社でお授けします。

初宮参り

七五三詣

七五三詣

 七五三の祝は男の子は三才と五才、女の子は三才と七才の十一月十五日にお参りして祝い、健やかな成長と健康を祈ります。

桃の節句

桃の節句

 女の子が生まれて初めて迎える三月三日を初節句と言い、「桃の節句」「上巳の節句」とも呼ばれ、中国ではこの日を「恵日」とし、水辺にて口をすすぎ、手を洗い身を清める習慣がありました。これが日本に伝わって「上巳の祓」として定着し、紙で作った人形で身体を撫で、息を吹きかけ、その人形に罪穢れを移し、海や川に流すお祓いとなり、これを「流しびな」と言いました。

 時代を経て、初節句にはお嫁さんの実家から贈られることが一般的となりました。上記の「流しびな」がもととなり三月三日は桃の節句と呼ばれますが、今のようにおひな様を家庭で飾るのは比較的新しいことです。

 おひなさまは、向って右に男びなを、左に女びなを飾るのが正しい飾り方です。
 幼い頃のひなまつりは大きくなっても、なつかしい思い出となります。
 正しいひな祭りの意義を教え、美しい習慣を伝えたいものです。

入園・入学式

 子どもの成長過程の中で、折目折目には必ず儀礼がついています。
 初宮詣・誕生祝・七五三など、全てそうです。

 はじめは家庭を単位とした儀礼であっても、成長が進むにつれて、大きな集団を単位とした儀礼を経験します。
 幼児が初めて社会的に体験するのが、入園式・小学校の入学式です。

受験合格祈願

 人生最初の試練です。

 厳しい受験競争に合格するために、体調を整え、平常心で実力が発揮できるよう神社で祈願をし、合格した折はお礼参りをし、学業成就を祈ります。

 就職祈願も同様です。
 不幸にして不合格になっても、心新たに再挑戦する事を誓い、神さまのご神護をいただけるよう努力したいものです。
 子どもたちにとっても毎日通学し、学業に専念することは、果せられた大切な仕事であると言えましょう。

成人祝の式

 一月十五日(現在は、一月の第二月曜日)は成人の日とされ、国民の祝日として祝賀行事が催されます。

 この日は昭和二十三年に定められ、これからの長い人生航路を自分自身の判断と責任と努力とによって切り開き、自分自身のためにはもちろんのこと、社会・国家のためにも有意義に充実した一生を送ることを自覚し、若さと希望に燃えて心に祈る日であり、また一般の多くの人々も、今後の世代を背負う若者達に期待し、この日を迎えたことを祝福し激励する日です。

結婚式

 結婚は人生の重大事です。
一生の幸不幸の分かれ目を決するものです。

 長い人生を共に苦楽を共にし、助け合いながら社会へ貢献することを神社の御前にて誓いをかわし、祖神の御恵みと御神護を新しい生活の上に仰ごうとする神前結婚こそ、真に私共にふさわしい儀式です。

 結婚は二人の間だけのことではなく、両親や親族に支えられ、今の自分たちのあることに感謝し、地域社会の一員として認め合う、大切な儀式であることを自覚すべきです。

厄年と厄払い

 厄年は古来からの言い伝えで、人の一生の中でも災いが降りかかりやすいと言われる時期です。

 特に男性42歳・女性33歳の厄は大厄と呼ばれ、最も良くないことが起こりやすい年と言われます。

 災いが必ず訪れるというものでもありませんが、これらの厄年は人の一生の心身の周期(バイオリズム)にも適合しており、医学的にみても体調を崩す可能性が高い時期にあたるなど、理に適っています。

 厄年の期間は、「祈り」「慎み」の心をもって過ごすことが大切です。

 厄年を迎える方はその前後と合わせて三年間、神社で厄除け・厄払いのご祈祷を受け、悪いことが起きないよう努めましょう。新しい事をなさる時にも神社に詣で、ご相談をするようにしてください

 なお、厄年は数え年で計算します

 現在は人それぞれ誕生日が来ると歳を加える計算の仕方が普通ですが、本来はお正月に年神さまをお迎えして一年の幸福をいただくのが年の始まりとされ、人もまたその時に歳をとると考えられていました。従って誕生日を迎える前であれば現在の年齢に2歳、誕生日を迎えた後であれば1歳を加えて、数えます。

 また厄年は元旦から始まるため、厄払いは普通お正月に行うのが慣わしで、遅くともその年の節分までに済ませるのが、一般的であるとされます

平成31年(2019年)の厄年早見表

【ご注意】 表に書かれている年齢は、数え歳です。

・誕生日を迎える前…現在の貴方のお歳に「2」
・誕生日を迎えた後…現在の貴方のお歳に「1」

を、加えてください。

女 性

※ 女性の厄年は、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳です。
※ 本年の大厄(33歳)は、 昭和62年(1987年)生まれの方です。

前厄 本厄 後厄
平成20年生まれ
(2008年生まれ)
12歳
子(ねずみ)年
平成19年生まれ
(2007年生まれ)
13歳
亥(いのしし)年
平成18年生まれ
(2006年生まれ)
14歳
戌(いぬ)年
平成14年生まれ
(2002年生まれ)
18歳
午(うま)年
平成13年生まれ
(2001年生まれ)
19歳
巳(へび)年
平成12年生まれ
(2000年生まれ)
20歳
辰(たつ)年
昭和63年生まれ
(1988年生まれ)
32歳
辰(たつ)年
昭和62年生まれ
(1987年生まれ)
33歳
卯(うさぎ)年
昭和61年生まれ
(1986年生まれ)
34歳
寅(とら)年
昭和59年生まれ
(1984年生まれ)
36歳
子(ねずみ)年
昭和58年生まれ
(1983年生まれ)
37歳
亥(いのしし)年
昭和57年生まれ
(1982年生まれ)
38歳
戌(いぬ)年
昭和35年生まれ
(1960年生まれ)
60歳
子(ねずみ)年
昭和34年生まれ
(1959年生まれ)
61歳
亥(いのしし)年
昭和33年生まれ
(1958年生まれ)
62歳
戌(いぬ)年
男 性

※ 男性の厄年は、13歳、25歳、42歳、49歳、61歳です。
※ 本年の大厄(42歳)は、 1978年(昭和53年)生まれの方です。

前厄 本厄 後厄
平成20年生まれ
(2008年生まれ)
12歳
子(ねずみ)年
平成19年生まれ
(2007年生まれ)
13歳
亥(いのしし)年
平成18年生まれ
(2006年生まれ)
14歳
戌(いぬ)年
平成8年生まれ
(1996年生まれ)
24歳
子(ねずみ)年
平成7年生まれ
(1995年生まれ)
25歳
亥(いのしし)年
平成6年生まれ
(1994年生まれ)
26歳
戌(いぬ)年
昭和54年生まれ
(1979年生まれ)
41歳
未(ひつじ)年
昭和53年生まれ
(1978年生まれ)
42歳
午(うま)年
昭和52年生まれ
(1977年生まれ)
43歳
巳(へび)年
昭和47年生まれ
(1972年生まれ)
48歳
子(ねずみ)年
昭和46年生まれ
(1971年生まれ)
49歳
亥(いのしし)年
昭和45年生まれ
(1970年生まれ)
50歳
戌(いぬ)年
昭和35年生まれ
(1960年生まれ)
60歳
子(ねずみ)年
昭和34年生まれ
(1959年生まれ)
61歳
亥(いのしし)年
昭和33年生まれ
(1958年生まれ)
62歳
戌(いぬ)年

男女の十三歳-

 昔から一人前とみなされ、子供から大人への入口に差し掛かる頃で、身体の調和がうまく取りきれない時期といえます。

女性の十九歳-

 思春期の心も不安定な時期です。

女性の三十三歳-

 出産も一段落し、母体が変調をきたす時期です。

男性の二十五歳-

 社会に出て最初の試練にさらされる時期です。

男性の四十二歳-

 働き盛りで知らず知らずの内に無理を重ねる年頃です。

男女の六十一歳-

 定年を迎え社会の一線から退き、疲れの出る頃です。

長寿のお祝い

還暦(かんれき) 六十一歳-

 生きた年の干支を「本卦」「本卦がえり」ともいいます。

古希(こき) 七十歳-

 中国の詩人、杜甫の詩「人生七十年古来稀なり」から取った名称です。

喜寿(きじゅ) 七十七歳-

 喜びという字の草書体が七十七と読めることから「喜字の祝い」と言われ、扇子に「喜」の字とを書いて贈る習慣もあります。

傘寿(さんじゅ) 八十歳-

 傘の略字が八十に読めることからきています。

米寿(べいじゅ) 八十八歳-

 米の字を分解すると八十八になることからきています。

卒寿(そつじゅ) 九十歳-

 卒の略字が九十と読めることからきています。

白寿(はくじゅ) 九十九歳-

 百という字から一番上の一を取ると「白」になることから、百引く一で九十九歳をいいます。

上寿(じょうじゅ) 百歳-

 この上ない長寿という意味で百歳以上のお祝いをさします。

トップへ戻る

画像は保護されています