住まいに関するお祭り

ミニだいこくさま

住まいに関するお祭り

住まいに関するお祭り

住まいに関するお祭り

 住宅難の近ごろ、幸いにしてその望みが叶えられることになれば、何にもまして大きな喜びごとと言えます。

 将来に向かって、しっかりとした家庭を築き、特にわが子のために、一家の平安と団欒の日々を送れることを願ってきた人にとっては、何の“わざわい” もなく、無事我が家の完成を見、建ってからも不慮の災難を招くことのないように祈るのは、敬虔な心と言えます。

地鎮祭

 正しくは訓読みにて“とこしずめのまつり”と言い、建物の新築・土木工事などの起工に際して、本来のその土地の持ち主・支配されている守り神様をまつり恵みに感謝し、敬意をはらい使用の工事の無事完成と生活の平安を祈るまつりのことです。

 まさに、私共の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものです。

地鎮祭を斎行中

上棟祭

 木材建築で特に重んじられるおまつりです。
 正しくは“むねあげのまつり”と言い、各種建物の新築をするとき、その棟木を上げるのにあたり、屋上に神様お下りを願う神籬を設け弊事や弓矢を飾り、神様のお下りを願ったのち棟木を棟に曳き上げます。

 家屋の守護神としての棟木を支える柱をしっかり押さえ崩れ傾くことのないようにと祈り、また竣工(落成)にいたるまでのご神護と屋船の神や工匠の神を祭って新屋に幸せのあることを祈るまつりです。

上棟祭を斎行中

略儀上の棟行事

 上棟行事は、通常略儀をもって行われます。
 この場合は実際に棟木を上げておいたのち、その棟木の下に祭場を設けます。
 従って、祭儀中の上棟行事も単に棟木を仰いで切麻を撒くことのみにとどまります。

竣工祭・新宅祭・新室祭

 完成した建物を祓い清め、末永く安全堅固であることと、住む人々の繁栄を祈る祭りです。
 意外に忘れられがちですが、完成後、建築工事が無事終了したことを神社に詣で真心こめて感謝の意を表し、これからの家族の安泰をも祈願し、お礼参りをすることが大事です。

家庭のまつり

 新しい住居が完成したら、さっそく神棚を設け、その家庭の繁栄と平和を祈ります。

 一家の人が心を合わせ、神さまを敬い、祖先を尊び、子孫を愛することが家庭の信仰です。
 このような気持ちで神棚を拝むなら、必ずや神さまやご先祖のお守りをいただいて、家庭も円満に治まり、子孫まで正しく栄えることが出来ましょう。

方位除け

 私たちの日常でどうにもならない状態を「八方塞がり」「この方角は鬼門・病門」「年回りが悪い」などと言います。

 家相・方角・年回りからくる災いを除く祈願が方位除けです。厄年と同様にお正月には、方位除けの祈祷を受け、一切の災いをお祓いし、安心して一年を過ごされるようにしましょう。

方位除け
トップへ戻る

画像は保護されています