先祖のお祭り

ミニだいこくさま

先祖のお祭り

お彼岸

 「お彼岸」はお墓参りをし、祖先代々の御霊に対し、子孫が追慕追遠の誠を捧げると共に、祖先のご加護をお祈りする大切な日であることを忘れてはなりません。

 この日は休日であり、行楽の日ではありません。

先祖慰霊祭

神葬祭

 葬儀の多くは現在仏式によって行われますが、仏教伝来以前は神葬祭があったことが古典により明確に知ることができます。後の大神宮祠官、中西直方翁の歌 “日の本に生まれ出でにし益人は神より出でて神にいるなり” にある「益人」とは、国民のことです。

 神葬祭は、おおよそ次の順序で行われます。

神葬祭前儀

 枕直しの儀 納棺の儀

神葬祭本儀

 産土神に帰函奉告祭

通夜祭

霊魂を霊璽に遷す 遷霊祭(せんれいさい)

出棺をする発柩祭(はっきゅうさい)

仏式の告別式としての葬場祭(そうじょうさい)

火葬に付する火葬祭

遺骨を墓所に納める 埋葬祭

霊璽を安置して葬儀の終了を奏上する帰家祭

神葬祭後儀

 霊前日供の儀 翌日祭 十日祭 二十祭 三十日祭 四十日祭 五十日祭 百日祭

式年祭

 一年祭 三年祭 五年祭 十年祭
 二十年祭 五十年祭 百年祭 以後百年毎

祖先の祭り/その他の祭り

 祖霊祭 慰霊祭 みず子慰霊祭

トップへ戻る

画像は保護されています